アクリル板の加工について

色々な場所に使われているアクリル板。
その性質は、錆びない・軽い・腐らない上にガラス以上の透明度と10倍の強度をもつ優れたものです。仮に割れたとしてもガラスの様に飛び散ることはありません。
またコストも安く、加工もしやすいのがアクリル板の特性。
工作をあまりしないような人でも、簡単に、安くDIYできるんです。
ここではアクリル板の特性を活かし、アクリル板を使った工作を行う上で、基本的な加工の仕方を説明します。

ちなみにアクリル板やその他の工具のほとんどは100均で購入することができます。
アクリル板はカラーバリエーションも豊富なので、自身の好みや目的に合わせたものを選ぶことができます。

○アクリル板を曲げる
アクリル板は、熱を加えると簡単に曲げることができます。専用のヒートキットがありますが、なくてもオーブントースターや家庭用アイロンで代用することができます。
トースターの場合はアルミホイルの上にアクリル板をおき、時間を調整しながら加熱します(熱しすぎに注意)柔らかくなったら軍手をはめて取り出せば曲げることができます。

○アクリル板を切る
これは100均で購入することができる、プラスチック板カッターを使用すれば切断することができます。切りたい箇所に定規を当て、両面から傷をつけてぱきっとおれば簡単にできます。
切断面はやすりなどで整える必要があります。

○アクリル板に穴を開ける
この作業だけは本格的なものになってしまいますが、電動ドリルを使用すれば穴を開けることができます。ゆっくり力をいれないように、少しずつ穴を開けていくようにします。ただ、この作業の際にふちが白くなりやすく、アクリルが割れやすいのでドリルを専用の機械であえて削れば綺麗に穴が空くようになっていますが、行う際には十分怪我には注意してください。ホームセンターなどでも代わりにやってくれると思います。

○アクリル板を接着する
専用のアクリル板接着剤とセロハンテープを使用します。
接着する同士のアクリル板をセロハンテープで固定します。この時、接着するアクリルの面は直角になるようにしないと、接着できないので注意が必要です。
固定したら、縱側のアクリルを少しだけ傾けて内側から接着剤をいれて接着します。

いかがですか?慣れないうちは難しい行程もありますが、回数を重ねれば簡単に加工しやすいそうです。
上記の方法を使えるようになれば、簡単にキーホルダーや小物入れ、写真立てなどが簡単に自分好みのものが作れそうですね♪