アクリル板で日曜大工にチャレンジしてみたら

・アクリル板とは
アクリル樹脂は極めて透明性が高い樹脂で、板状に固めたものをアクリル板といいます。耐久性が強くて十分な強度をもちますが、ガラスと違って通常のノコギリで切ることもでき、加工のしやすさも魅力です。いつもの木の板ではなく、アクリル板を使って日曜大工をしてみてはどうでしょうか。

・たとえばオリジナルのネームプレートをつくる
比較的難易度が低いものでは、ネームプレートなどはいいかもしれません。アクリル板に油性ペンで文字の下書きをし、キリなどで穴をあけて、下書きどおりに糸ノコで切断していきます。文字はアルファベット、漢字、かな文字などが考えられます。
あるいは文字を下書きして、ノコギリで切り出して行くという方法もあります。幾つかの文字を取り出したら、別のアクリル板に取り付ければよいのです。
いずれもノコギリでの切断作業がおわったら、ヤスリで磨きをかけることを忘れずに行うようにします。目の荒いヤスリから目の細かいヤスリまで、あらかじね用意しておくとよいでしょう。
最初は作ることに慣れませんが、いくつか練習を兼ねて作っているうちに、やがて納得の行くものができあがります。1回だけで成功させようと考えず、何度も作ってみて、納得の製品を目指すという職人的な考え方もあって良いことでしょう。木の板は透明感はないですが、アクリル板ならではの、光を通したり背後のものが見えるといった特徴あるネームプレートが完成します。

・たとえば室内にオリジナルの透明な棚を作る
販売されている、アクリル製棚のキットを購入して、組み立てるだけという選択肢もありますが、アクリル板を買ってきて、オリジナルの棚を作ってみることも良いかもしれません。
通常の棚は内部が見えないようになっているのですが、アクリル板を使うから内部が見える棚にできます。どこに何をしまったか、ひと目で把握することができる利点や、透明で光を帯びたアクリルの棚は部屋の印象を変える効果もあるはずです。作る棚の種類としては、本棚がもっとも簡単で、ついで引き出しの付いた小物入れ、引き出しのついた大きな棚となります。自分で作ることの最大のメリットは、部屋の空きスペースの寸法に、寸分違わずぴったり合うものを完成できるという点です。また、デザインとしてもより自分に使いやすいデザインを追求することもできます。一般の木材の加工用の道具を使えば、アクリル板は問題なく加工することができるでしょう。

ガラス並みの格と透明感が魅力です

アクリルケースといって私が思いつくのは、2つの使い方です。

1つ目は、人形やプリザーブドフラワー等、綺麗な物を入れて飾る容れ物、という事です。
透明で中がよく見え、プラスチックと違ってペコペコせず固さもあるのでちょっとしたことで中の物もアクリルケース自体も壊れる心配も殆どありません。

大事な物を飾る容れ物ですが、中に入れるものに埃を付けたくないという理由もありますが、それ以上にアクリルケースに入れることで、中の物に品が出る気がします。
日本人形なども、贈り物の場合は取り出し口の取っ手に房の付いたガラスのケースに入っていますね。
ケースに入ることで、中の物の格を高めることが出来ると思います。

だからこそ、大切な物を保管するには一番向いているのではないでしょうか?

それから、2番目はアクリルケース自体を装飾して好みの使い方が出来ると言う点です。

2番目の使い方ですが、アクリルケース自体を飾り立てて、ティッシュケースにするのが流行ったこともありましたね。
ティッシュケースだけでなく、アクリルケースには色々な大きさがありますから、造花やパール、今は携帯をデコる様々なアイテムが出ていますから、そういう物も使えばデザインは無限です。

それらを自分で考えながら組み合わせ、付けて行くだけで世界で1つだけのアクリルケースが出来上がるのは、何より楽しい作業です。

アクリルケースに好きな飾りを付けるだけで、自分だけの宝石箱や筆箱、或いは目先を変えると、食器棚の中でぐちゃぐちゃになりがちなフォークやスプーンを入れる容器も出来上がります。

フォークやスプーンを入れるアクリルケースは蓋の無い型ですが、一人暮らしの人の場合、こういった物は食卓に常に置いていることも多いでしょう。
そんな時こそ、そのアクリルケースをデコる甲斐がありますね。

色々な大きさ、形のアクリルケースにちょっと手を加えるだけで、自分の好きな、感性に合ったオリジナル感のあるアクリルケースが出来る楽しさは、特に女性にとってはやる気の出る手芸だと思います。

その他に、ガラスと違って割れにくいのもアクリルケースの利点だと思います。
ガラスだと、どうしても落ちたりしないように置く場所も考えなくてはなりませんが、アクリルケースならガラスよりは割れにくいので、気軽にどこにでも置くことが出来ます。

それでありながら、ガラスと同じ位の透明性ときちんと感がある点がアクリルケースの魅力だと思っています。

アクセサリーの保管にアクリルケースを用いる

アクリルケースは、ファッションのアクセサリーを収納するのにとても役立ってくれます。アクセサリーはその見た目がとても美しく、男女問わず身につけられるものです。自分のことを華やかに見せてくれるアクセサリーは、ファッションのワンポイントとして欠かせません。美しさや華やかさが命のアクセサリーですので、それを損なわないような保管をしなければならないです。

そんなときにシースルーなアクリルケースなら、アクセサリーの状態を維持しつつその見た目をインテリアとして楽しむことができます

棚の上など部屋の中の多少目立つところにアクリルケースを置いてその中にアクセサリーを収納しておけば、そのアクセサリーがインテリアの役割を果たしてくれます。美しく華やかなアクセサリーが部屋の中で存在感を放っているのは、何となく嬉しいものです。また、アクリルケースの良いところはアクセサリーをしっかりと守れるところです。

もしもアクリルケースに入れていない剥きだしの状態でアクセサリーを保管しておいたら、すぐに汚れてしまいます。どれだけ綺麗にしていても部屋の中には埃が少なからずありますし、湿気を含んでしまうと錆びてしまう恐れもあります。ですが、アクリルケースに収納しておけばそうなりにくいですので、保管するのに助かります。そして、中が見える状態になっていますので、アクセサリー数点を綺麗に陳列しておけばインテリアの役割を担ってくれます。

アクセサリーは何点あっても多過ぎるということはありませんので、ファッションに少しでも力を入れている人ならその数は徐々に増えていきます。アクセサリー買取を利用して定期的に手放している人なら別ですが、そうでなければその数は多くなるばかりです。多くなれば管理するのにも手間がかかってしまいますが、それならばアクリルケースを有効活用することで状態を悪化させることなく良質な状態で保ったままにしておけます。ちょっとした工夫を施すだけでアクセサリーは見違えるように美しさと華やかさを発揮できますので、できるだけそうしてあげることが持ち主の仕事です。

アクリルケースは値段がそれほど高いわけではありませんので、保管のためにわざわざお金をたくさんかけるわけではありません。それなら高校生や大学生など学生がプライベートでアクセサリーを身につけるために持っていたとしても、きちんとした状態で保管をすることができます。ですので、アクリルケースはアクセサリーの保管で役立ちます。